新刊リスト| 既刊リスト| 季刊・経済理論リスト| 近刊予定
*ご注文いただく前にお読みください
新刊リスト:2017年4月刊

季刊・経済理論 第54巻第1号

特集◎21世紀の世界とマルクス:『資本論』150年を迎えるにあたって

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-84-1
詳細をみる

新刊リスト:2017年3月刊

国境を越える市民社会 地域に根ざす市民社会:現代政治経済学論集

八木紀一郎((摂南大学学長))

統合された世界から地域へ!
進化的政治経済学の視野から市民社会論を再定位するユニークな論集。

A5判/上製/312頁
978-4-905261-35-3
本体3000円+税
詳細をみる

新刊リスト:2017年1月刊

季刊・経済理論 第53巻第4号

特集◎『資本論』刊行150年と現代

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-83-4
詳細をみる

新刊リスト:2016年10月刊

サービス商品論

櫛田 豊(青森大学教授)

新しい生産物観にもとづいて〈サービス労働=労働力価値形成説〉を多角的かつ体系的に展開。
教育、医療、福祉などのサービス労働・サービス産業像を一新する!

A5判/上製/304頁
ISBN978-4-905261-34-6
本体3400円+税
詳細をみる


季刊・経済理論 第53巻第3号

特集◎フェミニスト経済学の最前線

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-82-7
詳細をみる

新刊リスト:2016年9月刊

マルクス経済学の方法と現代世界

伊藤 誠(東京大学名誉教授)

資本主義の歴史的特性に学び、マルクスは経済学の方法論的基礎を『資本論』に示した。宇野弘蔵は、マルクス没後の資本主義の変容にそれを活用する道として三段階論を説いた。現代世界の資本主義と社会主義の双対的危機の解明にそれらをどう活かすか。
アクチュアルでスリリングな挑戦課題にラジカルにいどむ!

四六判/上製/312頁
ISBN978-4-905261-33-9
本体3000円+税
詳細をみる

新刊リスト:2016年7月刊

季刊・経済理論 第53巻第2号

特集◎価値論研究の意義と可能性

経済理論学会編

B5判並製/本体2000円+税
ISBN978-4-905261-81-0
詳細をみる

新刊リスト:2016年6月刊
マルクスの利子生み資本論(全4巻)

『資本論』第1部刊行150年 マルクス生誕200年を前に!

大谷禎之介著(法政大学名誉教授、国際マルクス=エンゲルス財団編集委員)

マルクスの利子生み資本論 全4巻

『資本論』の最難所をマルクス草稿(第3部エンゲルス版第21〜36章に使われた草稿全文)の精緻な解析で読み切る。
20年にわたる著者の考証的論究を,さらに彫琢・拡充して,全4巻に集大成!


第1巻 利子生み資本

A5判/上製
ISBN978-4-905261-29-2
本体6000円+税
詳細をみる


第2巻 信用制度概説

A5判/上製
ISBN978-4-905261-30-8
本体5600円+税
詳細をみる


第3巻 信用制度下の利子生み資本(上)

A5判/上製
ISBN978-4-905261-31-5
本体8200円+税
詳細をみる


第4巻 信用制度下の利子生み資本(下)

A5判/上製
ISBN978-4-905261-32-2
本体7500円+税
詳細をみる

新刊リスト:2016年5月刊

トヨタと日産にみる〈場〉に生きる力:労働現場の比較分析

伊原亮司(岐阜大学准教授)

働く場から労働社会と働き方を照射する気鋭の実践的労働論。
労働現場には〈抵抗の歴史〉と〈働く者の文化〉が刻み込まれている!

A5判/上製/536頁
ISBN978-4-905261-28-5
本体6000円+税
詳細をみる